ペット火葬をしたことがある有名人たちを紹介

ペット火葬をしてペットロスを克服した有名人

みんなの知る有名人もペット火葬をした人が多くいます。またペット火葬をした後、ペットロスで辛い思いをした結果、それを糧に大きく成長することができた芸能人もいるようです。

ペット火葬をした有名人の一覧

  • 志村けん
  • ビートたけし
  • タモリ
  • 高倉健
  • 竹下景子
  • 田中裕子
  • 水谷八重子
  • 真理アンヌ
  • 美輪明宏
  • 松岡きっこ
  • 小林幸子
  • 中原理恵
  • 美川憲一
  • 美空ひばり

ペットロスになった有名人~どうやってペットロスを克服したか~

愛猫エルザが亡くなった時は落ち込んでいました(杉本彩)

私が32歳の時に愛猫エルザを亡くしました。当時は色々な問題を抱えており、精神的に余裕が全くなかったのです。そのせいで愛猫エルザが病気になっていることに気づくことができず、結局エルザは亡くなってしまいました。最後の別れも決して自分が満足できるものでなかったので、とても後悔しています。ペットロスに陥ってしまった私と、一緒に暮らしていた元旦那や母との間にある温度差から、溝がますます広がっていきました。しかし今の夫が支えてくれたお陰で何とか立ち直ることができ、エルザの骨も土に返してあげました。祖母の愛猫が亡くなった時は、ペット火葬をして最後まで看取りました。

愛犬RUMのためにお墓を建てた(倖田來未)

愛犬RUMが2011年に亡くなりました。10年間一緒に過ごしてきたので私にとっては大切な家族同然でした。RUMが亡くなってからはとても悲しかったです。安らかに眠れるようにと、RUMにちゃんとした墓を建てました。この墓には私以外にも多くのファンが訪れてくれているようで嬉しく思います。

まとめ

お墓

有名人でも大切なペットが亡くなってしまい、ペットロスになる人も多くいます。ペットときちんとお別れをするためにも、ペット火葬は必須になってくるといえるでしょう。またペット火葬だけではなく、ペットの墓まで作っている人もいます。

TOPボタン