ペットロスになりやすい人とは~ペット火葬後に起きる問題~

ペット火葬業者のスタッフが教える!ペットロスになりやすい人

犬や猫などのペットを長年飼っている人は、そのペットが亡くなってしまった時にペットロスになる可能性が極めて高いといえます。症状の重さは人それぞれなので、数ヶ月で立ち直れる人も少なくありません。ここではどのような人がペットロスになりやすいのかを紹介していきます。

どんな人がペットロスになりますか?
女性がペットロスになりやすいといわれています。男性の場合は家族として認識しているのではなく、ペットはペットとして認識している人がいます。そのため、ペット火葬を行なわない人も男性が多いといわれているのです。しかし男性すべてがそうなのではなくごく一部の人達に限られるといえるでしょう。女性は感受性の高さから、人やペットの死に対して大きく感情が揺さぶられる可能性が高いと考えられます。

特に都心で一人暮らしをしている女性はペットロスになりやすいです(40代/ペット火葬業者)

近年都心で一人暮らしをする女性が増えてきています。特に都心で一人暮らしをしている女性はペットロスになりやすい傾向にあるといえるでしょう。ペットロスの症状になってしまうと、精神的に良くない状況に追い込まれることもあります。精神病といえば鬱病などが有名です。このペットロスからこの鬱病になってしまったら、日常生活に支障がでます。ですので、都心で一人暮らしをしている人は、ペットロスには気をつけましょう。

ペットロスの症状が重たい女性はコミュニケーションが大事

ペット火葬をしてから、半年は経つけどペットロスが改善しないという場合は、友達や家族に相談をしましょう。

現在はこんなカウンセラーもいる

ペットロスカウンセラー
大切なペットを失うことによってペットロスに繋がります。ペットロスの症状によって食欲不振や、意欲の低下という現象が起こります。自分自身ではどうにもすることはできないため、知人や友人、もしくは家族に相談するなどした方が良いといえるでしょう。または同じくペットロスを経験したことがある人がいれば、相談してみると良いです。もし相手が相談に乗ってくれないという場合には、ペットロスカウンセラーに相談に乗ってもらいましょう。話を聞いてくれるので気持ちがかなり楽になります。
TOPボタン