ペットロスから考える供養とペット火葬の在り方

ペットロスを克服しよう!

犬と女性

大切なペットを失うと、とても辛い思いをします。食欲不振になることもあり深刻なものです。ペットロスで悩んでいる人やペット火葬を行なった人は多いです。ここでペットロスの症状を見ていきましょう。

ペットロスの主な症状

  • やる気がでない
  • 喪失感や罪悪感を覚える
  • 深く落ち込む
  • 自分や獣医を責める
  • うつ病になる
  • 拒食症や過食症になる
  • 不眠症になる

ペットロス克服にはペット火葬で弔うことが大事

まずは我慢せずに泣きましょう
悲しいという感情を押さえつけずに、悲しかったら思いっきり泣いてみましょう。感情はバネのようなものなので、ずっと抑え続けると必ず反発してくるでしょう。反発する感情を押さえつけるというのはとても大変なことです。またその感情を抑え続けると、ストレスがかかり精神的に良くありません。ですから、我慢せずに感情を爆発させてみるのもよいでしょう。カウンセリングを受けてみるのも有効な手です。
最後を看取る
愛犬の最後を看取ることはとても大切です。もし老衰などでなく、突然亡くなってしまった場合は、ペット火葬の際に最後まで傍にいてあげましょう。最後のひと時まで傍にいることで、火葬後も後悔することなく愛犬を見送ることができます。後悔をしないためにも、自分が納得のいくような別れ方をしましょう。
ペット火葬を行なう
ペット火葬には様々なプランがあります。プランによってはペットの最後を見送ることができるものもあるのです。葬式をしてあげるだけでも、精神的にもだいぶ楽になるはずです。ペット火葬後に遺骨もしっかりと回収しておくことをおすすめします。遺骨が傍にあるだけでも、精神的には楽になることでしょう。また遺骨はメモリアルグッズなどに使うこともできます。
悩みはペット火葬業者に相談する
悩みは一人で抱え込まずに、他の人に打ち明けるようにするとすっきりすることができます。家族や友達、またはペット火葬業者のスタッフにでも話してみましょう。ペット火葬業者のスタッフは、ペットロスに関して理解があります。ですから親身になって相談に乗ってくれます。人に相談することで、ペットロスで苦しむ期間を、短くすることができることでしょう。

愛するペットが亡くなると誰もがペットロスになる

ペットロスの症状はとてもきついものがあります。まるで人生が終わったかのような気分になる人も、中にはいるのです。家族同然のペットを失って悲しい思いをする人は世の中に沢山います。そのため、誰もがペットロスになる可能性があるのです。

ペットロスになるのは普通のことです(30代/ペット火葬業者)

今まで家族同然のように一緒に暮らしてきたペットが死ぬと、多くの人はペットロスという症状を引き起こします。このペットロスという症状を引き起こすことはとても自然なことなのです。世の中には多くのペットを失った飼い主がこのペットロスに悩まされています。しかし多くは時間の経過と共に改善されていくので、ずっとペットロスの症状に悩まされることはないでしょう。ですから、ペットロスの期間は、できるだけ重症化しないようにしましょう。誰かに悲しい気持ちを打ち明けるだけでも気持ちはかなり楽になります。

TOPボタン